超簡単❗格安インチク自作🎣自宅で作成してみよう🎵

釣り人必見❗自宅での過ごし方

どうも、こんにちは(こんばんは)。一魚一味です。

ところでアングラーの皆さん、自宅で充実したフィッシングライフを、お過ごしですか❔

私の場合、時間がある時は、せっせとインチクを自作しております。

ですが、そんなので釣れるの❔と、疑問を持たれると思いますが、そこは問題なく釣れます。アラ(和名クエ)も釣れました。

どちらかというと、とくに低活性時、根魚に抜群に効きます。何がなんでも、美味しい魚を釣って帰りたい方は、ひとつ持参したがよいと思います。

それでは、さっそく作成手順にいってみましょう!

インチク作成手順

タコベイト3号なら、シーハンター15号を34~35cm切り取ります。
外掛け結びします。針の種類は常に変えて試しています。
両端に針を結びました。
釣針の位置を調整します。
結びコブを作ります。
発光玉を取り付けます。
タコベイト仕掛けができました。

次に、鉛のほうを、タコベイト交換が簡単にできるようにします。ソリッドリングは無くてもいいですが、タコベイトを外す時に面倒です。

14cm位シーハンター15号を切り取ります。
ソリッドリングとシーハンターが外れないようにクリップを取り付けます。
スッポ抜けしないように結びコブを二重にします。
結びコブの上のシーハンターが長いのでカットします。
完成しました。
このようにフグやエソ等にかじられても、すぐにタコベイトだけ交換できます

今、試行錯誤して根魚に合う釣針を探していますが、通常、伊勢尼で問題ないと考えます。また、結論が出たらここで述べたいと思います。

今は、潮の流れが緩いときは船五目(針)、速いときは真鯛王(針)を使用してます。

根掛かりが多いときは1本針もアリ
タイトルとURLをコピーしました