『津本式』熟成魚プール(半自作冷蔵庫)作成手順&オススメ小物商品

準備編

津本式プール(冷蔵庫)作成の仕方

こんにちは。管理人の一魚一味です。

ところで皆さん、『究極の血抜き』を施した魚を熟成させる時、クーラーに氷を入れて温度管理されてませんか?

私も最初はそのようにしてました。冬場はベランダに出していると、温度管理は割としやすいのですが、夏場は少しでも油断すると水温が高くなり、失敗して、よく魚をねまらせました😢

では、どうしたらいいのでしょうか?

やはり、楽に温度管理をするには、文明の利器を使うしかないとの結論に至りました😄

とはいえ、業務用の冷蔵庫を購入するには、中古でもホシザキは高いですね😓

なるべく、リーズナブルにプール(冷蔵庫)を設置したかったので、検討の結果、次の商品を選びました。

他の冷蔵庫より安くて広いとはいえ、それでも約47,000円は高いと思いましたが、冷蔵庫を10年間使用すると仮定した場合、1ヶ月で5匹、1年間で60匹、熟成魚に仕立てると計算しますと、60匹×10年=600匹になります。47,000円を600匹で割りますと、約78円/1匹となります。そう考えると、あまり高くないので、私は購入しました。

しかし、購入後、問題点があり、直接ストッカーに水を入れると、冷蔵にしていても、水が凍ってしまうことが判明しました😓

この問題をどのように解決しようか、考えて実行しました。

この対策を、下記の写真とともに述べたいと思います。

アルミマットをサイズが合うようにカットします。
アルミマットの上にUVシートを広げて水を張ります。

このようにすれば、水が凍ることはありません。これでオールシーズン安心して寝られます😁

ツマミは1にします。
夏でも、このくらいの水温を保てます。冬でも、ほとんど水温変わりません。

あと、気になるのは、ストッカーの底が構造上、段差があることです。このために青物等、長い魚の収まりが悪くなります。しかし、この問題はクリアしてますので、近くアップしたいと思います。

改造のやり方を解説します。

底面の段差を無くすため、材料を購入して、少し改造しました。

この赤丸が段差

凹んでいる所は、41cm×76cm×22.5cm(高さ)になってましたので、ホームセンターで板(41cm×76cm)をカットして購入しました。

板の下支えは発泡ブロックにしました。6個使用

発泡ブロックのサイズはひとつ19cm×39cm×10cm(高さ)です。

サイズを合わせてカットした板に、板が腐らないように90リットルのビニール袋をかぶせ、発泡ブロックの上に置きました。

板の上に改造前のアルミマット使用
UVシートを広げて水を投入

たまに水を排出する時がありますので、手動式ポンプが有れば便利です。

長い青物も余裕で入ります。

津本式究極の血抜き 必須道具

・まずは定番のグリーンパーチ吸水紙

グリーンパーチは新聞紙で代用可。

ビニール袋

魚のサイズに合わせて無駄がないようにしています。※ホームセンターでも購入可能です。

津本式.COMでも販売中です。

掃除機

魚を入れたビニール袋を弱真空状態にするために使用します。やれば、病みつきになります😁

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。皆様の素敵な熟成魚ライフを応援します🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました