コレデモ漁師の実釣記 R3③

実釣記

本日は午前3時半起床。もう随分、気温も上昇してきたので、軽装でひとりで出船、最初のポイントに向かいます。道中、くもりで暑くなく、外海も凪。最高の釣り日和です。

今回、最初のポイントは攻めてるエリアの中では南の方、水温上昇により、キジハタが産卵場所へ移動しているので、お宝探し感覚でポイントを選定します。

午前7時前にポイント到着、まずは潮の流れを観ます。風はほとんど無いので、わかりやすいです。それはいいのですが、衝撃の0.0ノット、完全な潮止まりです。

まあ、潮止まりでもキジハタは単発では喰ってきますので、居そうな所で第一投です。

当たりが無いので、ちょこちょこと近くを場所移動しながらの我慢の釣り、2時間くらいで小さいキジハタを、2匹ゲットしましたが、なんだかぱっとしないので、北へ大きく移動、この前、インチク炸裂した所です。

到着して、こちらも無風で潮止まり状態、雲行きが怪しくなってきました。しかし、釣るしかありません。魚探でモロに瀬(岩礁帯)をピンポイントで攻めてみると、ポツリポツリときます。

そして、午後から待望の潮が動き始め、0.6ノットくらい出て期待するも、連チャンは無し。我慢の釣りでハタ10匹目標に頑張ります。

どうにかこうにか、午後4時前にノルマ達成、疲れましたので、帰ります。やっぱりインチクは最釣です。

天然魚1円スタートの連絡を受けたい方はLINE登録お願いします。

【産地】五島灘(天然)

【漁獲日】令和3年6月2日

【処理日】同上

コメント

タイトルとURLをコピーしました