コレデモ漁師の実釣記 R3③

実釣記

本日は、午前3時に起床、昨日は吹いてた風が落ちるみたいなので、期待して早起き。今日は仲間のM氏とふたりで出船。予想通り、午前中は凪で、快調にエンジン回してポイントに到着。

今日最初のポイントは、一週間前に大きなサイズばかり釣れた所の50メートルライン。水温も上昇中、産卵を意識して、間も無く浅場に移動するだろうとわかっていても、まだ大きい個体が残っているのではと、期待して本日の第一投。

インチクを投げたはいいですが、全く潮が動かず、当たり無し。潮が動かずに釣れないのか、それとも来てない間に他船に釣られたのか、水温上昇に伴い、移動したのか、そんなことを頭の中でぐるぐる考えますが、時は過ぎ去ります。そして、ポイントを何回も流し直して何回目でしょうか、待望のヒット。しかし、キジハタのサイズが小さい。これを機に場所移動を決定、少し浅場に向かいます。

到着して今度は、40メートル前後を中心に攻めます。まだ潮は動いていません。すると、ポツリポツリと小さいサイズながらも、キジハタを拾い釣りです。

ダブルで釣れました

そして、突然に強い当たりがきました。底で釣れたのですが、中層まであげても、まだ引きます。タイかな?何か違います。揚げてみるとオオモンハタ。久しぶりに釣ったので、引き方を忘れていました。

そういえば、魚探の反応が中層に出ていましたが、イサキと思っていたのが、オオモンハタだと認識、キジハタ狙いの底ネチネチ作戦を変更、中層までインチクをアクションさせます。

そうこうするうちに、午後3時頃、下げ潮が効き始め、一投ごとに連発。はまったときのインチクの真骨頂。何匹かいいサイズが揚がったのと、風が強くなってきたので、撤収。前半はどうなるのかと心配でしたが、終わってみると、まあまあの釣果、よかったです。

天然魚1円スタートの連絡を受けたい方はLINE登録お願いします。

【産地】五島灘(天然)

【漁獲日】令和3年5月30日

【処理日】同上

キャンセルでした…なので自宅で、美味しく頂きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました